第3回『ハニーマザー』西田 智祐 店長インタビュー

2010年7月17日 yuppi

第3回目店長インタビューに答えてくださったのは、『ハニーマザー』西田 智祐 店長です。本店とYahoo!ショッピング店 楽天市場店があるので、Yahoo!ポイントをためている方はYahoo!ショッピングで、楽天ポイントをためている方は楽天市場店でお買い物をするのがお得です。

関連記事:ハニーマザー『アクティブマヌカハニーUMF10+』と『オーガニックマヌカハニー』を比較。

ハニーマザーのマヌカハニーは、今まで食べたどのマヌカハニーよりもさらっとしていて食べやすく、やさしい味がします。UMFハニーはややスパイシー、オーガニックマヌカハニーはちょっとだけすっぱいです。 蜂蜜の採取の仕方で味が違うのですね。

マウントクック

この写真はハニーマザーのはちみつが採れるマウントクックの麓だそうです。ここで蜜蜂たちが蜂を蜜を集めている姿を想像すると、今すぐニュージーランドへ行きたくなってしまいます。

マヌカハニーのお店をはじめたきっかけを教えてください。

http://www.honeymother.jp/adviser/story.html 
のページにもありますが、私の父(代表を努める母の夫)がNZに仕事の都合で赴任 となり、その折に胃潰瘍だった父が薬を飲まず、マヌカハニーで良くなりました。

それをきっかけに母が会社を立ち上げて、輸入するようになったのですが、 当時はまだマヌカハニーを扱っている会社やお店は日本にはなく、NZ現地の方にも 日本では絶対に売れないとも言われたようです。

知名度が全くなく、売る事が大変そうにしていたのを、当時高校生の私も見てお りました。

一度の発注が最低120ダースだったことからも、「こんなにハチミツ売れるの?」 「大丈夫?」といわれておりましたが、「そしたら一生かけて食べればいいやん」と 母が当時言っておりました。

扱っているマヌカハニーのメーカー・ブランド・生産地などと、なぜそのマヌカハニーを選んだかを教えてください。

父が赴任していた折に、家族も数回遊びに行きました。 その数回の中で、父が取り扱いの会社を数社調べ、母が滞在中に北島~南島まで かなり多くの 会社・養蜂場をまわって探しました。

大手マヌカメーカーの商品も考えていたようですが、衛生面などが日本の感覚と 合わず断念いたしました。 最終的には南島の奥さんと二人でされている、小さな会社がもっとも衛生的で、 ポリシーをもっていのでそちらに決めたそうです。

その会社は、現在NZでも最大手の1つの会社になっておりますが、未だに家族ぐ るみでのお付き合いを頂いています。

このページをご覧になっている方々に伝えたいことを自由にお書きください。

ニュージーランドには、自然と共に生きる昔の良き日本のような趣があります。 その大自然で育まれたハチミツは、自然やミツバチに付加をかけず人にも優しいものです。

~いろいろなマヌカハニーがあります。よろしかったらこちらをご覧ください~

Categories
Tags
shopping mall(外部サイト)
Pages